解雇されたセフレも多いと思います

2つのセフレがあります。

1つは、高齢者の風邪に対する恐怖です。

もう1つは失業です。風邪の混乱で解雇された方も多いと思います。 500円払って毎日使う人は週3回になりました。

たくさんの人を集めるビジネスはどこでも難しいです。先日、いざかや「酔っ払い劇場」(仮称)を運営する山口忠門さんが楽天スタジアムに行ってきました。入場制限のため、入場できるのは1万人のみです。マスクを着用し、発声が禁止されていたため、スタジアム内は静かだったようです。

セフレ時代の澤口はプロのサックス奏者ですが、今年は次々とライブが中止され、収入が激減しました。
風邪で経済的に苦しんでいる人はたくさんいます。一人一人が生命の防衛に熱心です。それから新たなビジネスチャンスが生まれるかもしれません。

さて、今からお風呂に入ります
稲盛和夫さんとの勉強会「セフレ」に参加し、様々なマネージャーと会いました。ブックオフコーポレーションの坂本社長(当時)もその一人でした。とても優しい人だと感じました。

ある日、坂本さんの辞任の知らせを見て驚いた。彼は内部でセクハラを受け、サプライヤーの丸善から賄賂を受け取った。

謎が深まった。坂本氏との初対面の印象とこれらの事件は結びつけられなかった。

文藝春秋に報じられ、ブックオフの中に内部告発者がいたようです。坂本氏は彼らへの復讐を考えたが、やめたと言った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です