お客様とお話をしているセフレ

一生懸命働く
部屋が2階にある場合、暑さはセフレではありません…

少し疲れていて、自宅から35度の部屋で蒸している、または疲れたような気がします。

小籠包の気持ちがわかったそうです…

今日、お客様とお話をしていると、いきなりこんなことを言いました。

「別れるかもしれない」

セフレが突かれ再婚したのは約5年前だったのだろうか…

地獄の壺の蓋を二度目に開けるという行為には賛否両論がありますが、それが彼の意図だと思いながら短期間でした。

セフレだったようです…

現在は別居しており、子供がいないので助かったとのことですが、問題は本人の性格ではなく、どこか別の場所にあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です